2015年7月2日 by admin

複数の資格の取り方にはコツがある!関連資格を取っていく方法

どうせ資格を取るなら複数の資格をとりたい

資格試験に挑戦する場合には、最初の資格を選ぶにあたっての理由があるはずです。勤めている金融機関が受験しろといったのでファイナンシャルプランナー技能検定3級を受けた、経理の仕事をしているので日商簿記検定3級を受けたなどの動機があるのが一般的でしょう。一つの資格に合格したら、次はもう一つ上の資格へ挑戦というのも普通の流れかもしれません。しかし、ある資格を取得したら、関連する別の資格をとってしまう絶好のチャンスだということを認識している人は少ないのではないでしょうか。

複数の資格の選び方とは?

ある資格をとったあと、別の資格に手を広げることは自分の専門知識を掘り下げる上で役に立つことですが、どのように別の資格を探したらいでしょう?一つは資格学校のサイトを見て探すという方法があります。多くの資格対策を行っている資格学校は、扱っている資格について、会計系、金融系、法律系などのカテゴリーに分けて紹介していることが多いです。自分の取った資格と同じカテゴリーにある資格の内容を確認してみることによって挑戦すべき別の資格を探し出すことができるでしょう。

複数の資格を持つことよる自信

複数の資格を取ることによって、資格試験を突破する共通するコツのようなものがつかめてくるでしょう。それは知識の共通点かもしれませんし、勉強方法かもしれません。場合によっては試験制度の共通点が見つかり攻略方法が見つけやすくなるということかもしれません。しかし、いずれにしても複数の資格を取得することによって、専門知識の土台がしっかりしてきたという自信を得ることができるとともに、大変な資格試験を突破したという自信も持つことができるでしょう。

基本情報技術者の試験をおすすめできる理由は、ネットワークエンジニアとして働く場合に、とても有利な資格だからです。