2015年7月2日 by admin

銀行普通預金よりも金利が高い!手堅い資産運用方法

個人向け国債に投資する

個人向け国債とは、国が発行する債券であり、日本国が破綻しない限りは元本が保証されている金融商品となります。銀行や証券会社で購入することができ、年金利は0.6パーセント以上ですので、銀行の普通預金や定期預金よりも高い金利で資産を運用できますね。個人向け国債の保有期間は、5年や10年などの長期設定ですので、期間によって金利は異なります。また、日本国が破綻した場合は元本が毀損しますので損失を被る場合がありますが、株式投資よりも安全という要素もありますね。

銀行の定期預金で運用する

銀行の普通預金の金利は雀の涙程の低い設定となっており、預けていてもあまり増えませんよね。そこで、当分使うあてのない余剰資金については定期預金に回すことで、普通預金よりも高い金利で運用することが出来ますよ。大手メガバンクでは預入金額に応じて金利を優遇したり、定期預金のキャンペーンを開催していたり、金利が高い条件で預金できる環境が整っていますよ。また、信用金庫などの金融期間は、銀行よりも高い金利の定期預金を設定していることが多いので、活用してみましょう。

外国為替証拠金取引で為替差益を得る

外国為替証拠金取引はFX取引と呼ばれており、預入れした金額以上のお金を使って外国の通貨を運用することができます。このFX取引では、日本のような低金利の国の通貨を売って、トルコやオーストラリアなどの高金利の通貨を買うと、毎日スワップという金利差益を受け取ることができるのです。スワップの料金はFX会社によって異なっていますので、よりスワップが高い会社で取引することで、長期的に金利差益を積み上げることが可能です。

ガソリンの先物価格は先に相場価格を調べておいた方がお得です。先に調べておく事で、損をするか価格を知っておく事が出来ます。